top of page
街並み
保守点検

消防設備点検・工事のプロが

​確かな

安心

​サポート

します

消防設備ドット名古屋・消防設備ドット名古屋・消防設備ドット名古屋

消防設備ドット名古屋・消防設備ドット名古屋・消防設備ドット名古屋

ABOUT US

消防設備ドット名古屋について

消防設備ドット名古屋は、各種建物の消防設備の保守点検・建築設備定期検査報告・特殊建築物定期調査・防火設備の定期報告検査・防火対象物定期点検を行っております。

相見積
歓迎

幾何学模様m.png
幾何学模様m_edited.png

他社でのお見積を取られた方もそうでない方も

幾何学模様j.png

まずは当社へ

見積依頼を!

きっと満足いただけます。

消防設備ドット名古屋の消防点検・工事は、

高水準

低価格

安心

丁寧

他社お見積りからお値引きいたします。

消防用設備のことならお気軽にご相談下さい。

工事実績
点検実績
消防設備の点検

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

点検実務・消防署への報告は行われていますか?

消防署への報告義務

消防設備点検の必要性

​消防法で年2回の点検実務義務付けられています

消防設備点検は消防法によって義務付けられています。万が一、火災が起こったときのために、日頃から備えておくことが大切です。当社は、高水準・適正価格・安心確実な消防設備点検を行い、建物・施設オーナー様の設備管理のお手伝いをいたします。

■総合点検:1年に1回実施し、消防への提出が必要
​■機器点検:6ヶ月に1回実施し、消防への提出が不要

消防点検

5,000円~

実負荷試験

50,000円~

模擬負荷試験

100,000円~

点検結果の報告を怠ったり、虚偽の報告をした場合は、30万円以下の罰金、または拘留となります。

消防設備点検

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

TARGET BUILDING

対象建物

消防設備の設置が義務づけられている​すべての建物や施設が対象です。

対象建物

名古屋市

名古屋市熱田区 名古屋市東区 名古屋市北区 名古屋市西区 名古屋市中村区 名古屋市中区 名古屋市昭和区 名古屋市天白区 名古屋市瑞穂区 名古屋市中川区 名古屋市港区 名古屋市南区 名古屋市守山区 名古屋市緑区 名古屋市千種区 名古屋市名東区

愛知県

犬山市 小牧市 一宮市 江南市 稲沢市 岩倉市 春日井市 瀬戸市 尾張旭市 日進市 みよし市 愛知郡 豊明市 東海市 大府市 北名古屋市 あま市 津島市 愛西市 清須市 弥富市 飛島村 西春日井郡 碧南市 岡崎市 刈谷市 豊田市 安城市 蒲郡市 西尾市 新城市 知立市 高浜市 田原市 豊橋市 豊川市 知多市 半田市 常滑市 知多郡 海部郡 額田郡 丹羽郡

岐阜県

岐阜市 大垣市 各務原市 羽島市 瑞穂市 海津市 山県市 羽島郡 安八郡 本巣市 揖斐郡 不破郡 養老郡 多治見市 土岐市 中津川市 恵那市 瑞浪市 郡上市 美濃市 関市 美濃加茂市 可児市 ほか

三重県

桑名市 いなべ市 四日市市 鈴鹿市 三重郡 員弁郡 亀山市 津市 松阪市 久居市 伊勢市 伊賀市 安芸郡 ほか

SALES AREA

対応エリア

東海地区であれば、
対応いたします!

愛知岐阜三重地図

消防法に基づく点検・工事

消火器の点検
消防法に基づく点検・工事

消防法により消防用設備等を設置することが義務づけられている建物に設置した消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告することが義務付けられています。

消防用設備点検

火災時に正常に作動するかを点検いたします。

◎消火設備/消火器・消火栓・スプリンクラーなど

◎警報設備/火災報知器など

◎避難設備/誘導灯・避難具など

■総合点検:1年に1回実施し、消防への提出が必要

​■機器点検:6ヶ月に1回実施し、消防への提出が不要

​■点検結果報告:1年または3年に1回

防火対象物​防災管理点検

各種書類点検や現地目視点検をいたします。

◎書類点検

防火管理者選任届・防災管理者選任届・消防計画・防火防災管理維持台帳

◎現地目視点検

建物内の避難経路・避難出口、火気使用器具および設備、危険物等の管理、地震等の災害対策状況

防火対象物​防災管理点検

消防設備工事もお任せください。

消防設備の新規設置工事、施設や設備の老朽化に伴う交換工事、改修工事や誘導灯や蓄光式誘導標識の施工など。
見積作成・消防手続きまで自社対応のため、低コストを実現。

【現地調査・見積無料】

建築基準法に基づく調査・検査

名古屋駅
建築基準法に基づく調査・検査

建築設備では換気・排煙・照明・給排水設備を検査します。公衆的で大規模施設である特殊建築物では更に地盤・外壁・屋根・建物の内部まで調査を行ないます。

特殊建築物​定期調査

調査者が調査し、報告いたします。

特殊建築物などの敷地、一般構造、構造強度及び防火・避難関係を用途・規模により調査し、特定行政庁へ報告。

◎デパート ◎ホテル ◎病院など

■特定建築物定期調査:3年に1回実施

建築設備​検査

検査資格者が検査し、報告いたします。

特殊建築物等の建築設備を毎年検査し、特定行政庁へ報告。

◎機械換気設備 ◎排煙設備 ◎非常用の照明装置及び給排水設備など

​■建築設備定期検査:1年に1回

防火設備定期検査

防火設備を調査し、報告いたします。

特殊建築物等の防火設備を毎年検査し、特定行政庁へ報告。

◎防火戸 ◎防火シャッター ◎防火ダンパーなど
■防火設備定期検査:1年に1回

​自家発電設備の点検・不可試験

こちらの点検も、義務付けられています。

自家発電設備は、通常の消防設備点検に加えて、定期的な負荷試験による点検が義務付けられています。

機器点検

半年に1回

総合点検

1年に1回

①設置状況

②表示

③自家発電装置

④始動装置

⑤制御装置

⑥保護装置​

​⑦計器類

⑧燃料容器等

⑨冷却水タンク​

⑩排気筒

⑪配管

⑫結線接続

⑬接地

⑭始動性能

⑮運転性能

⑯停止機能

⑰耐震装置

​⑱予備品等

①接地抵抗

②絶縁抵抗

③自家発電装置の接続部

④始動装置

⑤保護装置

⑥負荷運転または

 内部観察等​

​⑦切替性能

■負荷運転または内部観察等​(6年に1回)

消火器の点検

CONTACT

お問い合わせ